おっさんずラブ映画公開日はいつからで上映期間はいつまで?上映時間は何分で予告も紹介

おっさんずラブ 映画 公開日
Pocket

大人気の俳優田中圭さん主演のドラマ【おっさんずラブ】や【あなたの番です】が代表作ですね。

そんな田中圭さんの代表作【おっさんずラブ】が映画化されます。

【おっさんずラブ】はボーイズラブのストーリーで話題です。

映画公開日はいつからで上映期間はいつまでなのでしょう。

上映時間は何分で予告も紹介していきます。

おっさんずラブ映画公開日はいつからで上映期間はいつまで?上映時間は何分で予告も紹介をみていきましょう。

 

おっさんずラブ映画公開日はいつからで上映期間はいつまで?

映画公開日は2019年8月23日です。

映画は公開日は決まっていますが、上映期間は決まっていません。

なぜかというと人気が出るかは公開してみなければ分からず人気がなければ1か月ほど早めに終了し人気があればロングラン上映や応援上映などで延長されます。

上映期間は映画館で判断されるようです。

 

おっさんずラブ上映映画館は?

おっさんずラブの上映映画館は以下の通りになります。

●MOVIX

●イオンシネマ

●TOHOシネマズ

●ユナイテッドシネマ

●109シネマズ

地域によって上映していない場合もあります。

 

おっさんずラブ映画上映時間は何分で予告も紹介

おっさんずラブの映画の上映時間は1時間55分です。

こちらがおっさんずラブの予告動画になります。

特報版予告

衝撃編予告

予告を見ただけで笑ってしまいました。

ドラマに引き続きいろいろとドタバタ劇になりそうな感じです。

予告で流れている主題歌のスキマスイッチの曲(Revival)がすごくよくあってますよね!

 

おっさんずラブ簡単にあらすじ紹介

主人公のモテない独身ダメ男の春田創一と、理想の上司の黒澤武蔵、そしてイケメンでドSな後輩の牧凌太の三角関係を描いたラブコメディ。

永遠の愛を誓い合った日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を終えて春田創一は帰国します。

久しぶりに戻ってきた【天空不動産第二営業部】では黒澤武蔵をはじめとする前作からのメンバーが揃っていた。

そこに最近配属されたばかりの新入社員山田ジャスティスも加わり春田を歓迎しました。

そんな彼らの前に天空不動産本社のリーダー狸穴迅率いるプロジェクトチーム【Genius7}   が現れ、本社で新たにアジアを巻き込一大プロジェクトが発足され、第二営業部も一翼を担うように言われます。

狸穴の横には本社に異動しチームの一員となった牧凌太もいました。

何も知らない春田は動揺を隠しきれません。

本社と第二営業部の確執が深まるとともに、牧との溝も深まってしまいます。

一方で春田とコンビを組むことになったジャスティスは春田を兄のように慕います。

そして黒澤は事故がきっかけで突然記憶喪失になってしまい、春田に生まれて初めて会って恋心を抱いてしまう。

そんな中、天空不動産で前代未聞の事件が発生し、巻き込まれた春田も最大の危機に陥ります。

春田と天空不動産はどうなるのでしょう?

 

おっさんずラブ映画イベント情報

劇場版おっさんずラブ展が開催されてます。

【開催日・開催場所】

開催日:2019年7月13日~9月1日(東京会場)

開催場所:テレビ朝日EXシアター17階特設会場

開催日:2019年9月5日~9月30日 (大阪会場)

開催場所:HMV MUSEUM心斎橋

【展示されているもの】

  • 実際に映画で使用された衣装や小道具・大道具などを展示
  • 劇中でカギを握るシーンの再現
  • オリジナルグッズなどの販売

ファンにはたまらないイベントです。

ドラマで出てくる食べ物も食べられるようです!

 

おっさんずラブ映画を見た人の口コミは?

映画を見た人の口コミを見てみましょう。

見た人の感想はとても面白かったようですね。

感動すると言っている人や何回も見た人もいるようです。

内容としてはストーリーの展開がジェットコースターみたいにスピード感があるみたいです。

ドラマを見ていない人でも楽しめる内容のようですが、ドラマの続きなのでドラマを見てから見るとより楽しめるのではないでしょうか!

 

まとめ


今回はおっさんずラブ映画公開日はいつからで上映期間はいつまで?上映時間は何分で予告も紹介してきました。

おっさんずラブ映画公開日はいつからで上映期間はいつまで?は2019年8月23日からでいつまでかはわかっていません。

ドラマを見ていない人でも十分楽しめますが、ドラマを見てから映画を見るとより楽しめます。

上映時間は何分で予告も紹介してきましたが上映時間は1時間55分です。

予告を見ただけで面白そうです。

面白かったという声が多いので、楽しめそうですね。