高橋藍バレー最高到達点やポジションはどこ?誕生日や年齢プロフも紹介!

高橋藍バレー最高到達点やポジションはどこ?誕生日や年齢プロフも紹介!
Pocket

先日のバレーボールの日本代表の試合で大活躍だった高橋藍選手がとても話題ですね。

バレーボールがうまいだけでなくとてもイケメンですよね!

高橋藍バレー最高到達点やポジションはどこなのか調査してみました。

高橋藍選手の誕生日や年齢なども気になりますよね。

バレーの高橋藍選手誕生日や年齢プロフも紹介していきますね。

今回は高橋藍バレー最高到達点やポジションはどこ?誕生日や年齢プロフも紹介!についてみていきましょう。

 

高橋藍バレー最高到達点やポジションはどこ?

高橋藍選手はジャンプ力がすごいのも話題ですよね。

高橋藍選手の最高到達点はどれくらいなのでしょうか。

高橋藍選手の最高到達点は345㎝です。

全日本男子の平均最高到達ては340㎝だそうです。

高橋藍選手の最高到達点は日本代表の平均よりも5㎝も高いのですね。

すごいですよね。

高橋藍選手のポジションはどこなのでしょうか。

高橋藍選手のポジションはOHポジションです。

OHポジションはアウトサイドヒッターといい主にレフト側からの攻撃を担当する2名の対角ポジションに入る選手のことなのだそうです。

ウイングスパイカーと呼ばれることもあるそうです。

高橋藍選手は力強いスパイクと安定感のあるサーブレシーブが持ち味と言われています。

 

高橋藍バレー背番号は何番?

高橋藍選手の日本代表の背番号は21番です。

日本体育大学での背番号は29番のようです。

東山高校の頃は背番号1番でした。

 

高橋藍バレー誕生日や年齢プロフも紹介!

春高バレーから大注目されているバレーボール日本代表の高橋藍選手ですがとても話題ですよね。

バレーもうまくてとてもイケメンと言われています。

高橋藍選手誕生日はいつなのでしょうか。

高橋藍選手のお誕生日は2001年9月2日です。

年齢は19歳です。(現在2021年7月)

その他身長や体重、血液型など気になりますよね!

さっそくバレーの高橋藍選手のプロフィールを見ていきましょう。

 

高橋藍wiki風プロフィール

名前:高橋藍(たかはしらん)

生年月日:2001年9月2日

年齢:19歳

出身地:京都府

血液型:O型

身長:188㎝

体重:72㎏

憧れの選手:石川祐希選手

身長188㎝は高いですよね!

代表選手の中では188㎝は普通のようです。

憧れの選手は石川祐希選手だそうで、石川選手と一緒に五輪に出たいと言われていました。

東京オリンピックで叶ってよかったですよね!

高橋藍選手がつけているネックレスが石川選手とネックレスもお揃いなのでは?と言われています。

こちらのネックレスはSEVというメーカーのものだそうです。

商品はSEV-metalverticalというもので身に着けるだけでストレスを軽減して本来持つ力を発揮できるのだとか。

トップアスリートに人気のネックレスのようです。

\トップアスリートが愛用!/

 

高橋藍バレーはハーフ?

高橋藍さんハーフのような顔だちですよね。

ハーフなのでしょうか?

藍さんのお兄さんの塁さんが上記のツイートでお母さんがハーフなので自分たちはクォーターだと言われています。

クォーターなのですね。

藍さんとお兄さん本当に仲がいいですよね。

藍さんが塁さんのお誕生日にツイートしたり塁さんが藍さんの試合を応援したりとても素敵です。

塁さんは藍さんの事を自慢の弟と言われていました。

弟と恋バナをして喜んでいるお兄さんがかわいいですが、素敵なご兄弟ですね。

お二人の下には莉々さんというバレーボールをされている妹さんもいますよ!

高橋藍さんの名前の藍(らん)て珍しいですよね。

由来についてみていきましょう。

 

高橋藍バレー名前の由来は?

高橋藍さんのお父さんは野球好きでホームランの【ラン】からとられたそうです。

お兄さんは塁さんなので完全に野球からとられていますね。

しかし息子二人は野球はせずバレーボールをされているのですね。

こんなに活躍されたらお父さんもバレーボールをさせて良かったと思っているでしょうね。

>>高橋藍バレー大学はどこ?出身中学や高校は?

 

まとめ

今回は高橋藍バレー最高到達点やポジションはどこ?誕生日や年齢プロフも紹介!についてみてきました。

高橋藍バレー最高到達点やポジションはどこ?高橋藍さんの最高到達点は345㎝でした。

ポジションはOHポジションでアウトサイドヒッターでした。

高橋藍(バレー)誕生日や年齢などwiki風プロフもご紹介してきました。

石川祐希選手にあこがれており石川選手と一緒に五輪に出たいと言われていました。

東京オリンピックで叶ってよかったですよね。

高橋藍選手はハーフではなくクォーターでした。

東京オリンピックでも大活躍の高橋藍選手の今後の活躍がとても楽しみですよね!