わたどう黒幕犯人は誰か考察!椿の父は原作とは違う?

わたどう 黒幕犯人 誰 考察
Pocket

水曜の夜10時から放送中のドラマ【私たちはどうかしている】が話題ですよね!

原作は2016年から連載している安藤なつみさんの恋愛ミステリーです。

1話で誰かに殺害されてしまった【光月庵】若旦那の高月樹は誰に殺されたのかTwitterでも気になっている人が多いです。

わたどうの黒幕犯人は誰か原作をもとに考察してみました!

わたどう椿の父は原作とは違うのでしょうか?

今回はわたどう黒幕犯人は誰か考察!椿の父は原作とは違う?についてみていきましょう。

 

わたどう黒幕犯人は誰か考察!

和菓子屋を舞台に繰り広げられる物語ですが、第1話で月高月樹が殺されますが誰が犯人なのかとても気になります。

簡単にあらすじを説明していきます。

和菓子屋の【光月庵】の先代当主の樹は、加賀御三家の鳳家の令嬢の今日子と政略結婚しています。

しかし樹は中学生からの恋人大倉百合子が忘れられず、今日子との結婚後も関係続けていました。

樹はゆり子を菓子職人として雇い住み込みで働かせていました。

ゆり子の子供七桜と光月庵の子供椿はいつも椿の部屋で遊んでおり幼いながらお互いに惹かれあっていました。

しかし自分の父親と七桜の母が抱き合ってキスをしている所を目撃してしまいます。

その日の夜に父樹が殺害されてしまいます。

そして椿の証言から百合子が逮捕されてしまいます。

そして15年後七桜は和菓子職人として働いていた和菓子屋を突然解雇され、行き場を失った七桜は突然見ず知らずの多喜川という男に百合子が七桜に書いた【自分は何もしていない】という手紙を渡されます。

七桜と椿は和菓子対決をすることになり、七桜と初めて会った(と思っている)その日に椿は「結婚しない?」と言い出し七桜も承諾します。

椿は許嫁との婚約の日に、七桜と結婚すると女将や大旦那に伝えます。

七桜は事実を知る為、母の無実を証明するため職人として【光月庵】に入り込むことを決めます。

そして七桜は【光月庵】で住み始めます。

原作は8月12日に13巻が発売されていますが完結していません。

原作でもまだ完結していませんし4年も続いたストーリーを10話でまとめられるのか疑問も上がっているようですね。

原作がまだ終わっていない為結末を原作とは変えてくる可能性もありそうですね。

さてわたどうの黒幕犯人は誰なのでしょうか?

 

わたどう黒幕犯人は女将高月今日子?

わたどうで黒幕で犯人なのでは?と言われているのは観月ありささん演じる女将の今日子ですよね。

結婚した相手が自分に全く見向きもせず不倫を続けていれば憎んでもおかしくはないですよね。

その腹いせに今日子は自分も不倫をしていました。

そして今日子は執念深い性格で敵に回すと大変な性格です。

しかし今日子にはアリバイがあります。

樹と百合子のキスしているのを見てしまった椿は眠れずに夜が明けてしまっています。

その間同じ部屋に寝ていた今日子はずっと寝ていたと椿が証言しています。

最終回の予告では女将が誰かに共犯者と誰かに言っているので、共犯者がいるということは間違いなさそうです。

今日子が誰かに殺害を依頼していたということでしょう。

 

わたどう黒幕犯人は椿?

9月23日放送で椿はお仏壇の前で何かを忘れているのかと何かを思い出しそうな感じでした。

もしかすると何かの拍子に樹を刺してしまった可能性もあるかもしれません。

椿の手と顔に血がついていたので。

しかし子供だったため記憶が曖昧になり、女将が隠すために百合子が犯人になるように仕向けたのではないでしょうか?

そのアリバイ作りに今日子の包丁をもってきたのかもしれないですよね。

 

わたどう黒幕犯人は多喜川薫の父親?

原作では七桜に手紙を渡してきた多喜川薫(山崎育三郎)の父親は光月庵の女将今日子と不倫していました。

今日子に頼まれて犯行を行った可能性もありますよね。

それなら黒幕は女将の今日子で、共犯者は多喜川薫の父親ということになります。

多喜川の父親は現在亡くなっています。

椿に光月庵を継がせたい女将が依頼したというのはあり得る話かもしれません。

 

わたどう黒幕犯人は山口?

山口は15年以上前から光月庵で働いていおり事件の日にみんなが集まっている所に山口もいました。

女将が好きで樹の不倫に悲しむ女将を見ていられず樹を殺害してしまったという展開もありそうですね。

包丁に百合子の指紋がついていたので調理場から持ってきてのではないでしょうか。

9月23日放送では包丁を見つめて何かを考えているシーンがありました。

もしくは15年前の何かを知っているのではないかと思われます。

 

わたどう黒幕犯人は溝口?

ドラマの7話から出てきた市議会議員の溝口は9月23日の放送で今日子と写真を撮っている写真を見て険しい顔をしていました。

もしかすると犯人なのでは?とTwitterでは考察している人がいました。

いろいろな目線で考察してきましたが、誰でも犯人になり得るし違うという風にも考えられます。

まだ原作も完結していませんし、最終回が放送されるのが楽しみですね。

 

わたどう黒幕犯人に対するツイッターの反応

女将が犯人なら普通過ぎるという声が多いです。

意外な人物になるのでしょうか?

和菓子職人で15年以上前から光月庵で働いている山口や溝口議員が犯人なのではという声も出てきました。

犯人が誰なのか気になりますね。

 

わたどう椿の父は原作とは違う?

わたどうの椿の父親は誰なの?と視聴者はとても気になっていますよね?

椿の父親が誰なのか考察していました。

 

わたどう椿の父親は溝口?

溝口は市議会議員で第7話から登場しています。

9月23日放送では今日子と二人でうつっている写真を意味深な表情で見つめています。

そして最終回の予告編では夕子のお店で城島に「椿さんの本当のお父さんはあなたじゃないですか?」と言われている誰かの後ろ姿がうつっています。

溝口議員は夕子のお店を知っているようなので後ろ姿は溝口で椿の父親の第1候補にしてみました。

 

わたどう椿の父親は山口?

椿の父親第2候補は光月庵の和菓子職人の山口です。

山口は度々椿を心配する姿が描かれており椿と七桜を優しく見守っています。

心配する父親のようにも見えますよね。

原作では父親というわけではなくただ椿を見守る和菓子職人として描かれています。

 

わたどう椿の父親は多喜川父?

原作での椿の父親は多喜川父で多喜川薫とは異母兄弟という関係です。

原作で父親なので普通に椿父の可能性が高いですが、少し原作とは変わっているようなのでドラマでの結末は違ってくる可能性があります。

城島が誰かに向かって「椿さんの父親はあなたですよね。」と言っていることから、多喜川父は亡くなっているのでドラマでの椿の父親は違う場合もありそうです。

ドラマがオリジナルの結末なら山口さんが溝口さんの可能性が高そうです。

 

まとめ

今回はわたどう黒幕犯人は誰か考察!椿の父親は原作とは違う?についてみてきました。

わたどう黒幕犯人は誰か考察!では女将や多喜川、溝口議員、和菓子職人山口さんなど考察してきました。

まだ原作も完結していないので、原作とは違うラストの結末が待っているような気がします。

わたどう椿の父親は原作とは違う?漫画の原作では多喜川の父親が椿の父親なのですが、原作が完結しておらずオリジナルの結末だった場合は誰が父親なのか考察してきました。

原作通りなら多喜川の父親が樹の父親ということになりそうですね。

最終回で黒幕犯人と椿の父親が明かされるのを楽しみに待ちたいと思います。