イミンホ事故は2006年で親友との旅行中?後遺症はある?

イミンホ 事故 2006年
Pocket

韓流スターでとても人気のあるイミンホさんは新四天王ともいわれています。

他の新四天王はキムスヒョン・イジョンソク・キムウビンです。

イミンホ事故は2006年で親友との旅行中だったのでしょうか?

イミンホ事故の後遺症はあるのかも気になりますよね。

今回はイミンホ事故は2006年で親友との旅行中?後遺症はある?についてみていきましょう。

 

イミンホ事故は2006年で親友との旅行中?

イミンホさんは2006年18歳の時にドラマ「秘密の校庭」で本格的にデビューしました。

本名はイミンホですが、この名前が平凡すぎると思ったイミンホさんは、社長と相談の上「イ・ミン」という名前を芸名にしたようです。

そして同年の2006年8月に親友のチョンイルさんとの江原道(カンウォンド)への旅行中に反対車線の飲酒運転の車が中央線を越えて来たために正面衝突しました。

その事故で飲酒運転をしていた車の運転手と同乗者は亡くなっています。

ミンホさんはこの事故で右太ももの骨折と足首の骨が砕け、膝の軟骨が裂けるという大怪我をし、一時昏睡状態になったそうです。

1か月半はベットの上で身動きが取れない状況が続き、その後7ヶ月間入院したそうです。

その時入っていたスケジュールは、すべてキャンセルとなってしまいました。

怪我の回復後、忙しかったこともあって十分なリハビリは受けれなかったようです。

2006年に改名した芸名ですがその後事故にあったり、仕事にも恵まれなかったこともあり2年後に本名の「イミンホ」に戻しています。

戻してからは仕事にも恵まれ大活躍なので、戻して正解だったかもしれないですね。

 

イミンホ事故2006チョンイルのケガは?

イミンホさんの親友のチョンイルさんは同じ町内住んでいたそうです。

「高校生の時から一番好きな友人」とテレビ番組で話していました。

同じ町内に2人も大スターになるようなイケメンがいたのはすごいですよね。

すごい町内です。

そんなチョンイルさんとの旅行での事故ですが、チョンイルさんのケガの具合はどうだったのでしょうか?

チョンイルさんはイミンホさん同様大怪我を負っています。

チョンイルさんの怪我はイミンホさんよりは少し軽かったため早く回復したそうですが、左手首の粉砕骨折、左骨盤にヒビ、脳震盪と脳出血、部分的記憶障害があったそうです。

それでもかなりの大怪我ですよね。

4ヶ月間入院したそうです。

その後一足先に回復したチョンイルさんはドラマ「思い切りハイキック」に出演し大ブレークしました。

撮影の際、新人だった彼は事故のケガが軽いとしか言えず骨盤のヒビが入っていたにも関わらず鎮痛剤を飲みながらアクションに挑んだそうです。

2013年には頻繁に頭痛があり精密検査の結果、「脳動脈瘤」と診断されています。

 

イミンホ事故は2006年で後遺症はある?

イミンホさんは事故の後遺症はあるのでしょうか?

イミンホさんは太ももと膝に計2本ボルトを入れたそうです。

そのボルトは日常生活をするには問題ないのですが、アクションなどをする際に動きづらいということで2009年に手術をしボルトを外したようです。

現在でも完治はしておらず左右で足の長さが違うのだとか。

大事故を負ったイミンホさんとチョンイルさん復活して活躍されているのが本当にすごいですよね。

 

イミンホ事故2006年に続きまた事故にあっていた?

イミンホさんとチョンイルさんは2006年に大事故にあったと書いてきましたが、その後また事故にあわれています。

イミンホさんは「シティーハンターin Seoul」の撮影中に車に乗っての撮影中に車が大破する事故に合い病院に運ばれました。

幸いエアバックによって大怪我はありませんでした。

その時の車を見ると恐ろしい状態になっていたのでひどい事故だったことは間違いないですが無事でよかったですよね。

チョンイルさんは2017年の4月8日に信号待ちの際に後ろから車がぶつかってきたそうです。

その際はケガもなく済んでいます。

二人そろって2回も事故に合うのは怖すぎですよね。

2回目の事故はどちらも大きなけがもなくよかったですよね。

 

まとめ

今回はイミンホ事故は2006年で親友との旅行中?後遺症はある?についてみてきました。

現在は韓国のみならず日本を始めアジア中心で大活躍されているイミンホさん。

イミンホ事故は2006年で親友チョンイルとの旅行中でした。

イミンホ事故は2006年の後遺症はある?右太ももと膝にボルトを入れていたそうです。

そして完治はしておらず足の左右の長さが現在も違うそうです。

その後も「シティーハンター」の撮影中にも事故に合っています。

その際は大きなけがもなかったようです。

今後も後遺症の影響を受けず活躍してもらいたいですね。