おっさんずラブ映画ネタバレラストの結末は?春田の表情からその後を考察

おっさんずラブ 映画 ネタバレラスト
Pocket

おっさんずラブは深夜ドラマですごく人気がありますよね。

ハマる人が続出しましたよね。

そんなおっさんずラブが映画化されました。

おっさんずラブ映画ネタバレラストの結末はどうなるのでしょう?

おっさんずラブ映画ネタバレラストの春田の表情からその後を考察してみます。

今回はおっさんずラブ映画ネタバレラストの結末は?春田の表情からその後を考察についてみていきましょう。

 

おっさんずラブ映画ネタバレラストの結末は?

おっさんずラブ映画のネタバレあらすじはどうなっているのでしょうか?

見ていきましょう。

 

始まり

映画の始まりは香港・上海に転勤していた春田(田中圭)が日本の天空不動産東京第二営業所に戻ってくるところから物語がスタートします。

春田は中国にいたときにアクセサリー屋さんで「フォーエバーラブ」という言葉が気になり足を止めずにはいられずダイヤの指輪を牧へのお土産に購入。

カバンに入れるときにふと指輪を置いた場所が、バイクの荷台でした。

気づかずに走り去るバイクを追いかけている時に自転車で見るからに高価そうなツボを運んでいたおじいさんとぶつかりそうになり自転車が倒れそうになったおじいさんを助けます。

春田はそのおじいさんにとても感謝されます。

そして春田は指輪も取り戻すことが出来ました。

日本に帰る前の送別会の日春田は飲み過ぎてしまいます。

翌日飲み過ぎた春田のベッドに裸の知らない男性が寝ており、それを中国に来た牧に見られてしまい、牧は怒って帰ってしまいます。

しかし春田は道端で倒れていた酔っぱらいをかわいそうに思って泊めてあげたようです。(春田の行動危険すぎますね。)

説明しても牧にはわかってもらえませんでした。

 

春田が帰国

その後は話をすることもなく春田は帰国しいつもの第二営業部での日々が始まりました。

牧は本社開発事業部の【Genius7】のプロジェクトメンバーになり忙しい日々で中国系不動産企業の鳳凰山リゾートと提携しベイエリアの開発を行うプロジェクトに参加していました。

春田は牧が本社に異動したこともプロジェクトチームに入ったことも知らず驚きます。

牧はプロジェクトリーダーの狸穴迅(沢村一樹)を尊敬しているようです。

狸穴から今月中に対象の商店街の人たちを説得し、立ち退きをしてもらうように第二営業部にも通達がきました。

春田たちのこれまで親しくしてきた商店街の人たちへの交渉がなかなか進まず苦戦していました。

そんな春田は仕事が充実していて忙しい牧とすれ違う日々で、牧は本社に実家の方が近いからという理由で実家で生活するようになってしまいました。

 

部長の記憶喪失

ある日理不尽な要求ばかりしてくる狸穴に抗議するべく、本社に行っていた第二営業部の部長(吉田鋼太郎)が階段から転落して意識不明になってしまいました。

怪我はほとんどなくすぐに仕事復帰した部長ですが、記憶喪失になっていたのです。

しかも春田のことだけきれいに忘れるという謎な記憶喪失なのでした。

ドラマでは春田の為に春田への思いを打ち切った部長でしたが、新たな気持ちで春田と接するうちに再び春田への思いが復活してしまいます。

春田のことをハルポンとかわいく呼び、おそろいのセーターを編んでしまうほど春田への思いが膨らみます。

 

狸穴と牧が接近

牧は春田との関係に悩んでいたことや慣れない仕事の忙しさから、疲れてしまいます。

そんな時今まで尊敬してきたプロジェクトリーダーの狸穴の優しさになにか心が揺れ動くようになってしまいます。

 

うどん屋

一方春田はなかなか進まない商店街との交渉に苦戦していました。

部長は春田と新人のジャスティス(志尊淳)を連れて商店街の人たちの気持ちを知る為にうどん店を訪れます。

そこで部長はお店を手伝わせてもらえるように頼みます。

許しが出た3人は手伝い始めますが、店の裏に1枚の写真がありました。

それはうどん店店主の若い頃の写真でした。

しかし仲のいい春田とジャスティスを見て部長が嫉妬しジャスティスを殴ります!(アドリブのようです。)

揉めた為小麦粉をかぶってしまいうどん屋の店主が激怒し追い出されてしまいます。

 

サウナでの出来事

小麦粉を浴びてしまった3人は小麦粉を流すためサウナに行きます。

新人のジャスティスは人懐っこく明るいので春田はとてもかわいがっています。

そんな春田とジャスティスの仲の良さに部長は嫉妬してしまいます。

春田と二人きりになった部長は告白します。

しかし恋人がいると伝えると誰なのかと必死で聞いてきます。

そんな時狸穴と牧もサウナにやってきます。

恋人が牧とわかると牧に敵意をむき出しにし、サウナという狭い空間で騒動に発展。

その騒ぎを止めたのが営業終了のアナウンスでした。

(このサウナのシーンが面白いと話題ですよ!)

 

牧が倒れる

仕事が忙しかった牧は過労で倒れます。

牧の父親から牧が倒れたと聞き病院に駆けつけますが、狸穴とタクシーに乗り帰る牧を見てしまいます。

自分に連絡せずに狸穴に頼って自分は牧の父親から聞いたことに落ち込みます。

春田は二人の関係を修復すべく牧と二人で以前から約束していた花火大会に出かけます。

春田は楽しく過ごしますが狸穴から牧に何度も連絡があり、携帯を置き忘れて席を立っていた牧の携帯に狸穴からのメッセージが表示され春田が見てしまいます。

その姿を見た牧が今まで心にとどめてきた思いを爆発させてしまい喧嘩した二人は勢いで別れることになってしまいます。

 

登場人物それぞれの恋

その花火を見ていたのは牧と春田だけではありませんでした。

武川(眞島秀和)に誘われた部長が会社の屋上で花火を見ていました。

武川は部長のことが好きになっていたのです。

そんな部長の元妻の蝶子(大塚寧々)と栗林(金子大地)が屋形船で花火を見ていました。

栗林はドラマでは春田の幼馴染のちずが好きでしたが、諦め最終回では蝶子といい感じになっていました。

牧と春田の恋の裏でそれぞれの恋が動き出していました。

 

ジャスティスの過去

喧嘩別れした春田は以前買っていた牧に渡そうと思っていたダイヤの指輪が入ったケースを握りしめながら涙をためている春田の前にジャスティスが現れます。

春田はジャスティスの前で指輪の箱を海に投げ捨てます。

それを見たジャスティスは海に指輪を探しにいき春田にこう言います。

三年前に大好きな兄が亡くなった、その時素直になれず最後に兄に言った言葉がうるせぇな!という言葉でその後お兄さんは帰らぬ人となったこと。

ジャスティスにはそんなにつらい過去があったのですね。

そして春田に牧を大事にしなければ後悔すると涙ながらに伝えます。

そんないつも明るいジャスティスの悲しい過去の話を聞き春田は涙します。

そんな二人の前に浮かんできたのは指輪の箱でした。

大好きな牧と別れたくないと思う春田です。

 

誘拐事件

業務提携をしていた鳳凰山リゾートでしたが、狸穴は提携を解消しようとしていました。

そんな時春田とジャスティスは本社の強引なやり方に納得できず本社に乗り込んだ際、偶然話を聞いてしまいます。

そして狸穴にばれて春田は「夜8時にホテルに来い」と言われます。

春田は勘違いをし変な覚悟をします。

しかし春田の予想とは違い狸穴は真面目な話をし始めます。

狸穴の警察にいる知人から聞いた話で、鳳凰山リゾートは裏社会に通じておりプロジェクトのベイエリアの開発の裏で、ドラッグの密輸をする拠点の場所を日本に作ろうとしていました。

その話を聞いた狸穴はプロジェクト中止をしようとしたが、それを阻止しようとした鳳凰山リゾートが会長の令嬢(ゆいP)を誘拐してしまいます。

その話を聞いた春田は、正面から鳳凰山リゾートに乗り込み人質になってしまいます。

工場に連れていかれた春田が入れられた部屋には、誘拐された令嬢がいました。

その誘拐されているのにのんきな令嬢のせいで24時間あった時限爆弾の時間が10分に短縮されてしまいます。

ケータイの充電が2%の中、春田は必死に第二営業部のメンバーに居場所を伝えます。

GPSで調べようとしたところ充電が切れます。

とにかく爆発を防がなきゃと春田は窓から時限爆弾を投げ捨てます。

 

春田と牧思いを確認

その爆発現場めがけて走ってくる天空不動産のメンバーたちですが、牧と部長は自分が春田を助け出すとこんな時に競い合っています。

先に駆けつけたジャスティスが令嬢を助け出しますが、壁が倒れたことで春田だけ壁の向こうに閉じ込められます。

しかし反対側から助けに来た牧と部長が倒れた春田の人工呼吸をめぐり押しのけあっている時に再度壁が崩れ、牧と春田が閉じ込められてしまいます。

早く助け出そうよという感じですが、その二人が競い合うシーンが面白いんですよね。

二人きりになった二人は素直な気持ちをお互いに伝え愛を確かめ合います。

そして二人支えあうようにして脱出しました。

 

部長の記憶が戻る

二人が出てくるのをみんなが見守っています。

そして春田を救出するために一生懸命走ったせいで脱げてしまった靴を部長を思う武川が持ってきて部長に履かせてあげました。

その瞬間「はるたん」と口にする部長です。

そして記憶が戻った部長は二人が再び思いを確認しあったのだと悟るのでした。

 

まさかの偶然が春田を救う

鳳凰山リゾートのおかげでプロジェクトがなくなりかけていたころ、春田の前に一人の老人が現れました。

そのおじいさんは春田が香港で助けたおじいさんでした。

おじいさんはその時春田が落とした天空不動産のキーホルダーを拾っていたのです。

そして「先祖代々の家宝を守ってくれてありがとう」というのでした。

おじいさんの会社の蓬莱ファンドと新しく提携し、ベイエリアの再開発プロジェクトを進めることになりました。

そして今度は商店街の人と話し合いながら事業を進めていくこととなりました。

 

うどん屋の息子

うどん屋にある写真と同じ写真を持っている狸穴に気付いた春田は狸穴を商店街のうどん屋に連れていきます。

そして親子の長年のわだかまりが消えていくのでした。

そして牧を好きなのかと思っていた狸穴は妻子がおり子供は5人もいるのでした。

 

それぞれの恋の結末

蝶子と27歳差の栗林は部長に「蝶子さんをください」といいます。

なぜが部長に行ってしまう栗林は面白いですが、真剣な栗林に蝶子の不安もなくなりハッピーエンドとなりました。

そして令嬢の薫子はドレスを着てヴァージンロードを歩いていますがその相手はなんとジャスティスでした。

令嬢の薫子は危ない所を助けてもらったジャスティスを気に入り猛アタックの末実ったのだとか。

ジャスティスは想われる幸せを追求してみると同時に会長の座も狙ってみるとのこと。

なかなかやりてですね!

令嬢薫子とジャスティスの結婚式で武川は部長に告白をします。

あの工場での事故の際、部長を守ったのは武川だったのです。

春田を思う事に必死だった部長は初めて自分が想われることもあると気づいたようですね!

そして結婚式でのブーケトスでブーケをゲットしたのは部長でした。

やっぱり部長ですね。

部長のキャラが良すぎです。

おっさんずラブは部長のキャラなくしては成立しないですもんね。

 

春田と牧の結末

お互いの気持ちを確認しあった春田と牧ですが、最後の最後で問題勃発です。

狸穴から牧へ海外への転勤の話が持ち上がりました。

仕事に対して大きな夢がある牧は海外(シンガポール)へ行くことを決断します。

またしても遠距離恋愛が始まる春田と牧ですが、春田は笑顔で送り出します。

春田からキスをし二人はハグをして別れます。

 

おっさんずラブ映画春田の表情からその後を考察

最後のシーンで春田の表情がせつないと話題ですよね。

なぜなのか考察していきたいと思います。

 

最後のシーンの会話

「じゃあ行きますね春田さんも夢叶えてください。」

「じゃあな、りょうた」

「なんですか」牧笑う。

「行ってきますそういち」

春田からキスをしハグします。

春田が「じゃあな」といいお互いの方向に歩きだします。

まず牧に「春田さんも夢叶えてください」と言われて切ない表情をします。

牧の夢は仕事ですが、春田の夢はずっと一緒にいることや、結婚なのではないでしょうか?

それを牧に言われて切なくなってしまったのではないかと。

そしてハグしている時もなんとも言えないせつない表情をします。

ここは好きな人の夢は応援してあげたいけど、一緒にいられなくて寂しいという葛藤があるのではないでしょうか!

その後は、死んでも一緒にいたい相手なので寂しくても牧の帰りを待ち続ける春田なのではないかと思います。

それぞれ意見はあるかと思いますが、私はこのように思いました。

 

まとめ

今回はおっさんずラブ 映画 ネタバレラストの結末は?春田の表情からその後を考察についてみてきました。

おっさんずラブは終始笑わせてくれる映画になってますが、所々涙してしまうシーンや最後は切ないシーンが盛り込まれています。

おっさんずラブ映画ネタバレラストの結末は?一度は喧嘩別れしてしまう二人ですが、仲直りして二人の愛が復活します。

春田の表情からその後を考察はシンガポールへ転勤してしまう牧を応援する為、寂しい思いを隠して送り出しますが、表情は切なさを隠せないようですね。

全体的には笑いがたくさんの映画なので楽しく見れますよ!